老化のメカニズムって?

老化するメカニズムとは?

老化のメカニズムは、まだ完全に解明されていませんが、老化のメカニズムに関するいくつかの仮説は存在するようです。
仮説の一つとして、消耗によるものという説があります。
人は常に紫外線にあたり、身体には脂肪を蓄えており、人によってはニコチンやアルコールを摂取することもあります。
これらの物質により、身体の器官や細胞が消耗していき、やがて老化に繋がるという仮説です。
また、呼吸やニコチン、アルコールやストレスからは、活性酸素などのフリーラジカルという物質を酸化させてダメージを与えてしまう分子が生まれます。
このフリーラジカルが老化に関係するという説もあるようです。
人は年齢を重ねることで、ホルモンの分泌量が低下していくことをご存知でしょうか?ホルモンは自己治癒や調整機能などの重要な働きをしており、加齢によりホルモンの分泌量が減ることで、、老化を引き起こすといわれるホルモン低下説もあります。
老化のメカニズムでは、DNAも深く関係していると考えられているようです。
人には寿命のDNAが存在しますが、成長過程や環境、加齢によりDNAが傷つき、DNAの遺伝子が上手くコピーされていかないことが原因で老化に至るという説があります。
それに、DNAに存在する細胞分裂を助けるテロメアが短くなることも、老化に関係があるとされる老化のテロメラーゼという説もありますよ。
老化のメカニズムを知ることで、少しでも老化防止に役立たせることができるのではないでしょうか。

関連リンク、お役立ちリンク

借金返済の方法と計画
借金の返済計画や方法をどうすればいいか悩んでいる人、専門家である司法書士や弁護士に相談してみましょう。無料相談OKの相談事務所、紹介しています。